基本設定(wp-config.phpの設定)

基本設定(wp-config.phpの設定)

解凍したWordPress(ワードプレス)フォルダの中身をアップロードする前に、基本設定を行います。

この基本設定は、プログラムを知らない人にとって、何が書いてあるのかサッパリわからないため、難しく感じるかもしれません。

しかし間違えたとしても、インストールができないだけで、他に影響がでることはありませんので安心して作業をしてください。

もしどうしても難しいと感じるのであれば、今回の作業を行わなくても問題ありません。
WordPress(ワードプレス)のインストール時に必要な情報を入力するだけで、自動的に基本設定(wp-config.php)ファイルを作成してくれます。

ですので、自信のない人や面倒くさいと感じる人は、次の項目に進んでください。
ただし、今後プログラムの記述されたファイルを編集する機会は増えますので、なるべく自分でやりましょう。


まず最初に、WordPress(ワードプレス)フォルダの中にある「wp-config-sample.php」のファイルをコピーします。

この作業は、元のファイルをバックアップする意味合いで行います。

次に、コピーしたファイルをテキストエディタで開きます。(文字コードの関係上、メモ帳での編集は不可です。)

お好きなフリーのテキストエディタを使ってください。余談ですが当方はさくらエディタを使用しております。

以下の説明が書かれた部分のみ編集します。

/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名‘);

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘データベース(MySQL)のユーザ名‘);

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define(‘DB_HOST’, ‘mysql番号.db.sakura.ne.jp‘);

/**
* WordPress データベーステーブルの接頭辞
*
* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
*/
$table_prefix  = ‘wp_好きな英数と下線のみ‘;
補足:アップロード先のフォルダ名と同じにすると、後々わかりやすいです。

※テーブル接頭辞というのは、さくらのスタンダードプランのように、データベースが1つしかないけど、複数のWordPressをインストールしたい場合に設定します。また、データベースを見た時に接頭辞が設定してあると、どのサイトがどのテーブルを使っているか分かりやすくなります。

全ての情報を入力したら、「wp-config.php」というファイル名で保存します。

誤って編集する箇所以外を消してしまったり、メモ帳で編集してしまったりした場合は、無理に直そうとせず、「wp-config-sample.php」のコピーからやり直しましょう。

あわせて読みたい関連記事

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply


»
«